敷布団の種類と特徴・選び方

敷布団とは、床にしいて眠るときに身体を預ける布団です。代表的な敷布団としては木綿敷き布団、羊毛敷き布団、キャメル敷き布団、化繊敷き布団などが挙げられます。ここでは、敷布団の基本とそれぞれの種類の特徴を解説します。

敷布団の選び方の基本

敷布団を選ぶ際のポイントは「適度な固さ」と「保温性と通気性」が重視されます。適度な固さというのは、固すぎず・やわらかすぎずという程度です。

適度な固さ
やわらかすぎる敷布団は広い面積で人間の体重を支えます。この状態は広い範囲で筋肉が緊張した状態となるため、疲れが取れにくいのです。逆に固すぎる場合は狭い範囲で身体を支えるので、一部分だけが緊張した状態となります。
普通人は寝返りを打ちますので、緊張する部位が変わる事で筋肉も休息することができるのです。

保温性と通気性
保温性は熱を布団の中に蓄えるため、通気性は寝ている間にかく汗をうまく放出するために重要な要素であるといわれています。
天然素材のもの(木綿や羊毛)などはそれらの両方を満たしています。一方で化学繊維のものは汗を吸収しないので通気性が悪いとされます。

 

敷布団の種類と特徴を比較

以下では、それぞれの敷布団の種類や特徴を紹介・比較しています。敷布団として個人的にオススメなのはやはり木綿敷布団です。次点で羊毛、羽毛でしょうか。

羊毛敷布団

羊毛製の敷布団です。敷布団の中では固さ、保温性、通気性が優れている布団にあたります。一方で、敷布団の打ち直しなどが困難であることから、耐久性は木綿敷布団に劣るとされます。

木綿敷布団

木綿製の敷布団です。掛け布団としての需要は少なくなってきましたが、敷布団としては非常に優秀です。固さ・保温性・通気性も申し分ありません。通気性は羊毛よりやや劣りますが、適度に干していれば全く問題ありません。打ち直しも出来るため長期利用できます。

羽毛敷布団

掛け布団としては人気No1の羽毛(うもう)を使った敷布団です。寝心地は良いかもしれませんが、どうしてもやわらかすぎるという点が問題です。個人的な好みもありますが、どちらかというと木綿敷布団をオススメしています。

化学繊維敷布団

特に化繊100%のものはほとんど水分を吸わないため蒸れやすいです。人気の低反発マットレス(ウレタン)なども同様ですが、こちらの商品はやわらかすぎる場合もあるので注意してください。化学繊維は帯電性が強いので空気中のホコリを吸着しやすい傾向があるのでマメに掃除をする必要もあります。

羽毛布団の買い替えを検討する前に、一度“洗濯”してみてはいかが?

今使っている布団がふわふわじゃなくなった。買い替えをしようと思って羽毛布団を探している方も多いかもしれませんが、貯まった汚れを丸洗いクリーニングすれば、布団がふわふわ清潔に蘇ります。

>>全国どこでも【無料】で集配!布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」

羽毛布団の選び方ガイド

布団・寝具の基礎知識
基礎知識編では、布団や寝具全体についての基本となる情報を解説していきます。布団と寝具についての基礎編です。
羽毛布団の購入ガイド
羽毛布団の購入ガイドは羽毛布団を買う前にぜひおさえておきたい羽毛布団に関する知識編です。
羽毛布団ブランド比較
羽毛布団は価格と品質の見極めが難しい商品でもあります。ここでは羽毛布団の有名メーカーを比較。
羽毛布団Q&A
羽毛布団の購入からお手入れについてまでQ&A形式でわかりやすく解説いたします。