羽毛布団の選び方ガイド羽毛布団の購入ガイド>羽毛布団とメーカーの選び方・買い方

羽毛布団とメーカーの選び方・買い方

羽毛布団については「価格」のページで説明したように様々な品質・グレードによって価格が決まっています。ただし、消費者がそれぞれを詳しく詳細に見比べて価格を算定するのは困難です。信頼できるメーカー以外の価格については疑問をもってかかるべきです。

羽毛布団は信頼できるメーカーのものを選びましょう

羽毛布団の価格を決定する要素の大部分を占めるダウンの品質や嵩だかなどは、チェックしにくい部分です。例えば、シベリア産マザーグースと表記されていても、それが本当かどうかのチェックは難しいです。
羽毛布団の価格と相場のコンテンツで説明したような
ダウンとフェザーの比率
ダック(アヒル)とグース(ガチョウ)
ダウンの品質 (ゴールドラベル
製造工程
キルティング
側生地の素材と品質
上記のような項目のうちの多くの部分は目に見えない部分であるというのも問題なのです。(手で触ったり、外見だけをみても判別しにくいということ)

食品の産地偽装が問題化している昨今ですが、羽毛布団の産地偽装、内容偽装も消費者としてはしっかりとしたいところです。

また、偽装問題は棚上げしたとしても価格の設定にも疑問を感じることがあります。

定価20万円の羽毛布団とかかれると非常に良い布団に感じますよね。これをなんと50%引きの10万円で販売と書かれたら非常に「お買い得」に感じませんか?
でも、元々の定価の価格算出根拠は何でしょうか?本当に他メーカーで20万円相当の価格なのでしょうか?

残念ながら、そうでないケースも多いです。同じ原価が1万円の商品でも5万円の定価販売されるものと、定価を20万円に設定してそれを75%offの5万円で販売とされた場合、後者のほうがお買い得にどうしても見えてしまいます(原価が分からない場合)。

そうした半分詐欺みたいな商法に引っかからないようにするための自衛策がどうしても求められます。基本的には信頼できるメーカーのものを購入するということが一つです。

特にブランド化しているメーカーの羽毛布団に瑕疵や虚偽などがあることが明るみになれば、ブランドイメージの低下などによって、そのメーカーが受ける損失は、虚偽記載によって得られる利益よりもはるかに大きなものとなってしまいます。

逆に、知名度の低いメーカーなどの場合は、ブランドイメージ自体がそもそも存在しないので、こうしたリスクがブランド力を持つメーカーよりも相対的に高いといえます。
(もっとも、無名であっても非常に品質の良いメーカーさんはあります。当サイトではできるだけそういったメーカーさんも広く取り上げていきたいと思います。参考:羽毛布団のメーカー比較・評判

 

羽毛布団は買う場所も大切?

羽毛布団はこれまでも説明したとおりその選別が難しい商品です。そのための担保としては有名メーカーの商品を買うというのが一つと説明しましたが、それだけでなく、買う場所・買い方も重要な要素です。

ここでは、実店舗、通販、インターネットなどでの羽毛布団の買い方についてをアドバイスします。

デパート・百貨店

販売店自体の信頼性が担保できる場所といえます。デパートや百貨店であれば変な商品を置くことが自社のブランドイメージの低下につながります。そのため、問題がありそうなメーカーの商品は置かないでしょうし、また何か商品に問題があった場合も誠実な対応が期待できます。

寝具専門店

寝具専門店ということで、商品知識が豊富な方が多いという点が一番のメリットだと思います。また、工場を持つ直営販売店の場合にはデパートなどの小売で購入するよりも低価格で買えるというメリットもあります。ただし、ファブレスといわれる自社工場を持たない販売店もあります。自社ブランド商品を販売しているケースではその会社に対する評価や評判などをじっくりと見る必要があります。

ディスカウントショップ・低価格家具販売店

ニトリなどに代表される大手家具小売やディスカウントショップなどでも最近は羽毛布団を見ることがあります。低価格帯の羽毛布団であることが多いので、評価は結構分かれることが多いです。ただし、価格の割には高品質という評価をすることもできるので必ずしもNGというわけではありません。

インターネット通販

ネット通販の場合はかなり気を遣ったほうが良いです。そもそも羽毛布団は偽装や問題が起こりやすい素地が大きい商品ですので、それがさらに曖昧になるネット通販のケースではより見極めが重要だと思います。一方でネット通販は販売コストがかからずに、製造かは流通の間のマージンを削減できるため、工場直接販売のようにコストパフォーマンスに優れた羽毛布団が販売されていることも多いです。

テレビショッピング

意外と曲者なのがテレビショッピング。テレビ売ってるんだから嘘は無いだろうと思う方も多いかもしれませんが、虚偽記載などで摘発された例もあります。特に激安系には注意が必要だと思っています。羽毛布団といいながら実際には羽根布団レベルのダウン・フェザー比だったケースも多いようです。

訪問販売

一番トラブルが多いケースですね。中にはまっとう業者さんもいらっしゃるとは思いますが、悪質なケースも多いです。特に問題なのは西川などの有名ブランドを騙るようなケースです。クリーニングなど、直接販売とは言わずに売りつけるようなケースも見られます。見極めが大切といえばそうですが、かなり難しい部類だと思います。即決は絶対に避けましょう。

羽毛布団の買い替えを検討する前に、一度“洗濯”してみてはいかが?

今使っている布団がふわふわじゃなくなった。買い替えをしようと思って羽毛布団を探している方も多いかもしれませんが、貯まった汚れを丸洗いクリーニングすれば、布団がふわふわ清潔に蘇ります。

>>全国どこでも【無料】で集配!布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」

羽毛布団の選び方ガイド

布団・寝具の基礎知識
基礎知識編では、布団や寝具全体についての基本となる情報を解説していきます。布団と寝具についての基礎編です。
羽毛布団の購入ガイド
羽毛布団の購入ガイドは羽毛布団を買う前にぜひおさえておきたい羽毛布団に関する知識編です。
羽毛布団ブランド比較
羽毛布団は価格と品質の見極めが難しい商品でもあります。ここでは羽毛布団の有名メーカーを比較。
羽毛布団Q&A
羽毛布団の購入からお手入れについてまでQ&A形式でわかりやすく解説いたします。