10万円以上(高級品)の羽毛布団と評価

羽毛布団の中でも10万円を越えてくると高級な部類に入ります(上を見ればキリが無いですが)。マザーグースといったようなダウンボールの大きな羽毛が使われ、キルティングなどもデュアルキルティングのように手間がかかっています。10~15万円くらいまではコストパフォーマンスを感じるかもしれませんがそれ以上になってくると半分自己満足に近くなってくるかと思います。

注意点:あくまでも管理人による個人的な判断です。また、価格帯は一般的に名の知れたメーカー製品の通常販売価格を参考にしています。バーゲン・セール、在庫処分など利益が度外視されているケースなどもあります。価格帯に幅があるのもこうした理由です。ご理解下さい。

10万円以上の羽毛布団の平均的な品質について

10万円以上の羽毛布団だとダウン比率が93%、95%といったものがほとんどです。また、使用されるダウンも北欧、カナダ、ロシアといった質の良い産地で、さらにマザーグースと呼ばれる成長した母鳥のダウンが使われることが多いです。(生長しているものほどダウンボールが大きく保温性に優れる)

キルティングも当然立体キルティング、側生地も高いものでは超長綿など肌触りの良いものが多いです。

羽毛布団としては高級品で、しっかりと手入れをすれば何十年と扱える布団になるでしょう。多少いたんだとしてもお直ししながら使っていけるものだと思います。

 

ここから先は完全な贅沢品のレベル

ただ、個人的な感想ですが、10万円超の羽毛布団は暖かさや快適さといった面で値段が上がるほどに質の向上を実感できるというレベルではなくなってきます

もちろん、10万円以上の羽毛布団は、ダウンがカナダ産マザーグースといったように本当に質のよいものです。羽毛の宝石といわれるようなアイダーのダウンを使った100万円以上の羽毛布団もあります。

しかしながら、100万円の布団は10万円の布団の10倍も快適か?といわれたら、個人的にはそれほどではないと思います。布団の「ブランド品」を買っているという感覚に近いのではないかと思います。

(人によって価値観が異なりますので一概には言えませんが・・・)

個人的にはこれよりも一つ下のグレード(4~9万円くらい)の羽毛布団がコストパフォーマンスを考えた時におすすめです。

羽毛布団の買い替えを検討する前に、一度“洗濯”してみてはいかが?

今使っている布団がふわふわじゃなくなった。買い替えをしようと思って羽毛布団を探している方も多いかもしれませんが、貯まった汚れを丸洗いクリーニングすれば、布団がふわふわ清潔に蘇ります。

>>全国どこでも【無料】で集配!布団クリーニングの全国宅配「ふとんLenet」

羽毛布団の選び方ガイド

布団・寝具の基礎知識
基礎知識編では、布団や寝具全体についての基本となる情報を解説していきます。布団と寝具についての基礎編です。
羽毛布団の購入ガイド
羽毛布団の購入ガイドは羽毛布団を買う前にぜひおさえておきたい羽毛布団に関する知識編です。
羽毛布団ブランド比較
羽毛布団は価格と品質の見極めが難しい商品でもあります。ここでは羽毛布団の有名メーカーを比較。
羽毛布団Q&A
羽毛布団の購入からお手入れについてまでQ&A形式でわかりやすく解説いたします。